先日、大先輩ともいえる某コンサルタントの方のインタビューに伺ってきました。

事業承継をテーマとして、お話うかがったのですが、そのテーマについてのお話がとても面白く、また、実務に基づいてのお話なので、クライアントの方のニーズにしっかりマッチし、本当に必要とされるサービスなのだろうな、と感じたのです。

どうしたら、そういった本当に必要とされるようなサービスを提供できるものか、とお話しいただいた内容を整理していたところ、事業におけるビジョン、理念という点がとても大事で、それをもっているかが、うわべではない、本当に必要とされるサービスにつながるのだろうと、思いました。

「サービスを通じて、日本を、日本経済を良くしたい、活性化したい。」

ということをおっしゃられていました。そこが、うわべでそういった、理念をいっているのかどうか、もありますが、いろいろなエピソードや、サービスへの思いを聞いていれば、うわべではないことは、わかるものです。

私もIoTや、Webサービスについて、皆様に納得いただけるようなサービスを提供するにあたって、ビジョンがとても大事で、実務を通じつつ体にも心にもしっかりと染付くようなビジョンを掲げられる、矜持をもたなければなりません。

日本企業が国内での展開だけではなく、外貨を稼げるような橋渡しをして、日本がさらによりよい新しい道を切り開けるような支援がしていければと改めて思い、それを実現していけるようやっていきたいと考えた次第です。

ビジネスにおけるビジョン、理念の大切さ

You May Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です